プロフィール
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ

セキスイハイムBJが2012年3月に完成しました。左の図は間取りです。土地約60坪。2階建。太陽光発電5.37kw。オール電化。スマートハイムナビの観察がとても楽しみです。

←←ランキングに登録していますので、よろしければ1日1回応援(クリック)をお願いします。他にも素敵な家が沢山あります。

【Web内覧会】キッチンカウンターの背面について(食器棚、冷蔵庫など)

引き渡し時のキッチンの様子
こんにちは、Web内覧会案内担当大臣の妻です♪今日のWeb内覧会はキッチンの背面についてです。

我が家のキッチンの背面は、上の画像の通り何もありません!!造作の収納を付けませんでした。節約の為です。本当はつけたかったのですが、造作の食器棚・カップボードをカットすることで約20万円以上も節約できました。

収納を付けなかったので、引き渡し時のキッチンは、何もなくてがらーんとしていました。


食器棚・カップボードをつけなかったので、前の家で使っていたものを持ってきた訳ですが、↓がその食器棚を置いた様子です。
食器棚を置いたキッチン

収納を付けなかったのは、この食器棚があったからというものあります。この食器棚は、家の設計当時は買ったばかりで、買ってから半年程しか経っていませんでした。

この食器棚は、幅120センチと結構大きいです。当時、SAKODAで29,800円で売られているのを発見して即買しました。夫婦2人なので、十分な大きさですが、将来家族が増えたらこれだけでは足りないので、その時は造作の収納を検討しようかな。。。
(後日、ハイムにカップボードの見積もりをお願いしました⇒高いけど50%OFF キッチンカップボードの工事見積もり

やはり、造作のヤツはお金がかかる分いいですよねー。既製品は、天井と食器棚との間が広く開いていますが、造作だと、天井や横の壁とつながっていて一体感があります。無駄なスペースがない分、収納量も多くなるでしょう。壁に補強を入れて、しっかり固定するので、地震対策でも造作の方が良いです。本当は造作の方が良かったんです(><)




食器棚のついでに、冷蔵庫も紹介します。

冷蔵庫は、パナソニックのNR-F455Tです。約450Lあるので、夫婦2人暮らしでは十分な大きさです。というか、中はスカスカです。。。1年程前に購入したばかりです。
冷蔵庫

我が家は節約生活をしていますが、冷蔵庫はあえて高性能・大容量のものを選びました。もちろん、それなりの性能・2~3人分の容量のものも価格面で有利なので検討しましたが、高性能・大容量のものの方が電気代が安いのでこちらを選びました。

電気屋さんの値札の横に書いてある性能の表記によると、我が家が選んだ高性能・大容量の冷蔵庫は年間の電気代が5,000円代でした。それに比べ、それなりの性能で2~3人分の容量のものは、年間の電気代が1万円以上かかります。

1年で約5千円も電気代が違います。10年使えば5万円の差がでるので、5万円出して高性能・大容量のものを選んだという訳です。

我ながらナイスチョイス!おかげで、快適な冷蔵庫ライフを送っています♪

あと、食器棚の右側のスペースは、ゴミ箱と縦長の収納ボックスを置いています。この縦長の収納ボックスは、収納担当大臣である私(妻)のこだわりの品で、見た目重視の夫の反対を押し切り購入しました。

見た目は普通のプラスチックの透明ケースですが、縦長で引き出しが沢山あるので、食品の整理整頓のために活躍しています。さらに探し物も簡単に見付けることが出来るスケルトンボディです。見た目より機能重視の収納で、とても活躍しています(^^)

【Web内覧会キッチン関連の記事】



収納ボックス パナソニックのNR-F455T
★.。.:*・゜★ランキング参加中★.。.:*・゜★.

いつも応援ありがとうございます。↓よろしければ応援(クリック)をお願いします。他にも素敵な家ブログが沢山あります☆

Web内覧会バナー
この記事は役に立ちましたか?役に立ったと思って頂けたら、SNSで共有をお願いします(^^)

tag : 節約 キッチン 収納

PR


コメントの投稿

Secre

■ 記事まとめページ

過去の記事をまとめています。

PR
ブログ内検索

★ブログランキング参加中★
カテゴリ
  └ 動画 (2)
  ├ 地鎮祭 (2)
  ├ 棟上げ (4)
  ├ 間取り (2)
  ├ 外装 (3)
  ├ 外構 (14)
  ├ 設備 (2)
  ├ 土地 (1)
  └ その他 (2)
  ├ 玄関 (6)
  ├ 和室 (3)
  ├ トイレ (4)
  ├ 階段 (4)
  ├ 寝室 (6)
  └ 外観 (6)
最新記事
コメントありがとうございます♪
PR


オススメ記事/気になる記事

PR