◆家(完成後)

気づかぬ所に不具合発見!?セキスイハイムの1年点検

0 0
コーキング破れ箇所


固定資産税の家屋調査の翌日、2月24日にハイムの1年定期点検を受けました。

半年点検(3カ月目に受けましたが・・)に続き2度目の定期点検です。


点検は、各所のドアの開閉チェック、水回りの点検、床下の目視確認などをアフタの担当者1名で行いました。


まず初めに、玄関ドアの確認です。開閉と施錠を確認後、ネジの緩みを確認しました。入居後1年も経っていませんが、少~し緩んでいたようです。

次は、靴箱。ここも開閉とネジの締め直しを行いました。



そして、問題のリビング。何も問題なんて無いと思っていましたが、担当の方がリビングを見渡した時にある不具合に気づきました。コレです↓

クロスのコーキング破れ



天井角のクロスの継ぎ目のコーキングが破れています!!アップするとこのようになっています。

クロスのコーキング破れ(アップ)


以前直して頂いた靴箱のコーキング破れは気づきましたが、ココは全く気付きませんでした。このような箇所が数か所ありました。一番上の間取りの赤枠の5か所がそうです。

乾燥するとこのように破れてくることが多いそうです。こんなに沢山の場所で破れていてビックリしましたが、担当の方は慣れた手つきでものの5分程で補修して下さいました。


補修後の様子です↓キレイになりました(画像が黄色っぽいですが、夜に撮ったので暖色系の照明が当たっています)

クロスのコーキング破れ補修後


その後、リビングでも各所の収納扉の開閉確認とネジの締め直しをしました。


キッチンでは、排水管のチェック。冬にお湯を使うことが多くなると、排水のパイプが若干収縮し(見えない程の小さな変化)、つなぎ目が緩むことがあるそうです。なので、たまに水漏れが無いかどうかの確認と繋ぎ目の緩みの確認をした方が良いそうです。

また、床下の確認もしました。ココは目視で確認しただけ。


脱衣洗面所も排水管のチェックをしました。異常なし!


その後2階へ・・・
2階も収納扉の開閉とネジの締め直しをしました。


一通り家の中を確認して終了。最後に、ず~っと前に割れた収納の折り戸を見て頂き、後日対応して頂くことになりました。
点検の所要時間は全部で1時間弱でした。



点検前は、「不都合や気になる点は無い」と担当の方に言いましたが、プロがチェックすると私が気づかなかったネジの緩みやコーキングの破れが発見できました。さすがプロですね。点検してもらって良かった~(^^)

次は2年点検です。1年後ですが、これからも快適に過ごせると良いですね☆


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply