リビング

IKEA「RIBBA」をリビングの壁に取り付けるかんたん手順(飾り棚)

0 0
先日、IKEAで買ったRIBBA(飾り棚)をリビングの壁に取り付けました。今日は取り付け方について書きます。

まず、取り付け前の様子です。
リビング:RIBBA取り付け前

場所はココ。リビングの壁に取り付けます。現在は、壁面にカウチソファーを置いているのと、以前紹介したアフタヌーンティーの動物カレンダーを掛けているだけで寂しいので、ここにRIBBAを付けて小物を飾りたいと思います。

1.木桟を探す

ネジを打ち込むために木桟を探します。ハイムのお手入れ読本に木桟の場所(床からの高さ)が書いてあります。横に渡してある木桟は、515、975、1434、1900、2373(単位はmm)の5カ所です。
木桟の場所

1434mmの高さがちょうど良さそうなので、床からの高さを計ってワンプッシュをブスっと刺して木桟があることを確認します。(ワンプッシュの使い方はコチラの記事 ⇒ 住まい方セミナーレポート 、壁に時計をつけた記事

ワンプッシュ

2.穴を空ける位置を決める

木桟の場所が分かったら、穴を空ける位置を決めます。RIBBAを壁に当てて、ネジ穴の場所に鉛筆で印を付けます。

その際、水平になるように、水平器を使って水平を取りました。水平器は、ダイソーで買ったものです(^^)
水平器

3.ドリルで穴をあける!

いよいよ穴をあけます。壁に穴をあけるって緊張します・・・穴をあける道具はコレ。これまたIKEAで買った電動ドリルです。
IKEAで買った電動ドリル

ネジは、太さ4.5mm、高さ5.0mmのものをホームセンターで購入しました。5.0mmは長い気がしますが、ハイムのお手入れ読本には3.5mm以上を使用して下さいと書いてあり、RIBBAの厚さと合わせて5.0mmがちょうど良いです。

これらを使って、穴をあけます。ネジが3分の2程の長さ入ったら、ドリルのスイッチを切り替えて逆回転して抜きます。
電動ドリルで穴を空ける様子 壁にあけた穴

電動ドリルを使うとやはり楽ですね。あまり使うことは無いですが、3千円程度なので一家に一台あっても良いと思います。組み立て家具を作る時などあると便利ですね。

穴をあける際、石膏ボードの粉が沢山出ました。粉が落ちても良いように、下に紙などを敷いておくと後で掃除が楽です。
石膏ボードの粉

4.取り付け

穴があいたら、RIBBAを取りつけます。しかし、電動ドリルでネジを締めようとすると、ドリル本体がRIBBAに干渉して上手く締めることができませんでした。なので、普通のドライバーで取りつけました。一度穴をあけているので、普通のドライバーでも簡単にネジを締めることができます。
(IKEAの電動ドリルなのにRIBBAの取りつけができないなんて・・・汗)

取り付け後の様子はコチラ↓
RIBBA取り付け後の様子

最後にネジを隠すための付属のシールを貼って完成です。


所要時間は約15分程でした。簡単です(^^)

あと左側のスペースに、半分の長さ(55cm)のRIBBAを取りつけました。全て完成した様子は次回~

【他にもRIBBA関連の記事があります】

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply